2018年02月06日

ゴルフスイング 基本 動画

ゴルフスイング時には「ボールから目を離してはいけない」とよく云われる。
ゴルフスイングはアドレスからまり、テークバック、トップ、ダウンスイング、衝撃とつづいていくが、ボールから目を離すな、と云われているのである。
ボールを目から離さないと云う事を変に理解している人もおおくいる。
ボールを見なければいけないと云う意識が働き、トップの部分でも両目でボールを観ている人がその典型である。

手先だけのアプローチであればフェースの向きも狂いやすいばっかりでなく、距離も落ち着かない。
アプローチでのゴルフスイングを習得する為には、どんな練習をすれば良いのだろうか。

昼からも第1打も朝の第1打と同じように考慮して、フェアウェイをキープする事が必要である。
午前中の具合がいい時も、冷静になってフェアウェイキープを第1に考慮して欲しい。
無理なクラブ選定や攻め方は敬遠して、午前のスタートと同じように静かなスタートを心がけよう。

右足の「けり」を上手に実践する事が出きれば、テークバックからトップで蓄えた力を衝撃でボールに伝達する事が出きるのである。
ダウンスイング時に左足の親指付け根に体重をかける事が出きれば、下半身が左に流れてしまう事も防止でくるのだ。
つまり、体の左側に「壁」も造れるのである。



posted by k08zadomikodokzw at 08:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。